少しでも長く利用するため|給湯器の評判を知れ|生活の必需品となるもの

給湯器の評判を知れ|生活の必需品となるもの

男の人

少しでも長く利用するため

白い給湯器

ガーデニングに注意

給湯器を外に配置している家庭は決して少なくありません。その屋外配置の場合は、室内配置とは違う心づかいが必要となってきます。そのなかでも気を付けてほしいのがその周囲に物を置かないことで、それが原因で故障になるケースも少なくありません。特に、ベランダや庭などに配置するため、ガーデニングをして給湯器の近くにも植木されていることも多いです。もしも、その植物の葉が落ちて給湯器の排気口や吸気口を塞いでしまったら、空気の循環が滞ってしまい装置に負担をかけてしまい故障となります。長く給湯器を利用し続けたいと考えるならば、少なくとも給湯器から半径1メートルは物を置かないようにすることが、故障のリスクを減らすことです。

保守点検しよう

そして、さらに給湯器を寿命を延ばそうと考えているのならば、定期的に保守点検をすることが大切です。といっても、その点検は個人でできるようなものではありません。業者に依頼しての点検となり多少の費用がかかることもありますが、アフターケアとして無料で行ってくれるメーカーもあります。その点検で劣化部品が見つかればそこだけ交換するだけで故障の確率を大幅に減らすことができるでしょう。また衰えていた機能が回復して、利便性が高まることも少なくありません。その保守点検は使い始めて5年目にするのが良いとされています。その次は少し期間が短くなり7年〜8年で、その次はほぼ寿命となっているため、買い替えを検討する時期となるわけです。